まず最初に読んで欲しい記事


おまたせしました!
夏の無料体験学習受付開始
●受付期間:8月1日~8月31日
~ 期間中2週間、実際の公文式を無料で体験していただけます~


夏休みに合わせて
力をつけよう!



お申し込みは
こちら↓



2021年

県立中高一貫校 合格率86%

茨城県全体では県立中学の合格率は21~28%です。
当教室で、この学年で算数をしていた生徒さんは30名いました。そのうち9名のお子さまが中学受験に挑みました。その結果です。
*報告をいただいた当教室の生徒さんです*



2021年

●公立中高一貫に合格・進学

県立並木中等学校

Sくん(中根小学校)
 

県立竜ヶ崎一高付属中学校
Yさん(牛久第二小学校 )
 

県立竜ヶ崎一高付属中学校
Kくん(向台小学校)

県立土浦一高付属中学校
Yくん(神谷小学校)

県立土浦一高付属中学校 江戸川学園取手中学東大コース

Nさん(岡田小学校)

県立土浦一高付属中学校 江戸川学園取手中学医科コース
Sさん(中根小学校)











●私立中学に合格・進学

昭和学院秀英中
学校  江戸川学園取手東大コース
Kさん(牛久第二小学校)

江戸川学園取手中学難関大学コース

Yさん(牛久第二小学校 )



※詳しくは「新着情報・ニュース」をご覧ください。
2021年3月までにご報告を頂いた生徒さんです)



1教室から、年間271名も高進度賞の生徒が 誕生する教室とは?
高進度学習者賞:くもん独自の賞。自分の学年より3学年以上先の学習をしている生徒に贈られます。


1教室で歴代、土浦一高校に 90名を超える合格者を出した教室とは?
クリック↓


●95%の方が「わが子ができるようになった」と実感されました。
お父さま・お母さまの夢が実現する「くもん教室」です!




夏の無料体験学習受付中
 


お申し込みは
こちら↓





●幼児さんの

お父さま・お母さまへ

●中学受験を制するヒミツは?

「ただいま~!

茨城県の公立の中高一貫校の受験が終わり、受験塾にいっていた小6たちが、またくもんに帰ってきました.
(中学受験をする子は低学年のうちはくもんをして、小4~小5くらいで受験塾に移り、受験が終わるとまたくもんに帰ってきます)。

「やった!完璧な答案がかけたよ!」
「(グループ)面接でも、たくさん応えられた!」

毎年、1月2月は当教室の6年生は、悲喜こもごもです。



●厳しい現実


幼児さんのお父さま・お母さまもご存知の方が多いと思いますが、ここ数年、茨城県は公立のトップ高校を中高一貫校に変えています。

とはいえ、実際に牛久市から通学する距離を考えると、受験できるのは次の3校くらいしかありません。


土浦一高付属中・並木中等学校・竜ケ崎一高付属中
です。


そしてこの3校をすべて合わせても
1学年の定員はたったの280名です。
このわずかな枠を目指して1000~2000人の6年生がしのぎを削って受験勉強をしています。

でも、ギリギリになって断念したり志望校を変えたりして、


●2021年は
約1070人が、
この280人の
枠を争って受験をしました








●今、茨城県の小学生と親ごさんは、
受験フィーバー(過熱、熱狂)!の中で翻弄しています。


牛久市で長年、多くの親子を見てきましたが今が一番、親子にとって過酷だと思います。

県の方針に振り回され、今まで中学受験をする予定などなかった親子が、急に受験を目指すようになりました。

でも、

・何から手を付けていいのか?

・受験に必要な力はどんなものか?

・そもそもわが子の実力はどの程度なのか?

何もわからないのです。


一か八か。不安な気持ちいっぱいのままスタートする親子の姿をみて、本当に気の毒でなりません。

このような激戦をぬけて合格する子とはどんな子だと思われますか?

実は、当教室の先生はもちろん、受験塾の先生方もどの子が合格するかは、かなり早い段階でほぼ正確にわかります。

それはプロだからです。

何年も、何人も、子どもたちを見ていると合格する子には共通点があることがわかります。
また逆に、合格しない子にも共通点があるのです。



●合格する子には秘密があります。



●お父さま・お母さま「合格を叶える親子の共通点」を学びませんか。


お父さま・お母さまの多くの方からいただくのは

「こんなことを教わる機会は今までなかった」

「これまでどうやっていいのかわからなかったが、ようやく答えがわかった」
という感想です。

ある幼児のお母さまは、当初「子どもの能力を伸ばしてあげたいけれど、具体的に何をしていいのかわからない」「わたしが勉強嫌いだったから、子どもと勉強するのも自信がない」と言われていました。

でも、教室に通ううちに

「わが子との勉強が楽しくてしかたがない」
「気持ちまでポジティブになった」
「中学受験なんてわが子には無理かな
と思っていたけれどやってみたくなりました」

というほどまでに
大激変



●過熱しすぎた受験フィーバーによって、異常なほどに難関になってしまった茨城県の中学受験。

●余裕をもって合格する子に育てる方法を親子で学びませんか。早くスタートするのが秘訣です。



合格する子とはどんな子か。
準備はいつからするのがベストなのか



当教室は、優秀な生徒さんと保護者の方を、たくさん誕生させてきたからこそ自信をもって断言できます。ぜひ、みなさんにも、そのノウハウを手に入れていただき、お子さまの将来の受験をもっと楽しく、楽なものにしていただきたいと思います。


教室見学のお申し込み


029-873-9081  
に、直接お電話ください。

ネットでのお申し込みは


こちらを↓クリック



●小学生の保護者の方へ


●他の塾・他の学習法で満足できない全てのお母さまへ

 

どんなことがご不満でしたか?

お月謝を払っているのに・・・

「おかしいな?」
「なんか違うな?」
「力、ついてるのかな?」          
「やっぱりうちの子がダメなのかな」
「でも先生には言えない 

当教室は、これまでそのような多くの
お母さまの悩みやつらいお気持ちを受け止めて
まいりました。     

そして
「お母さまは、本当はこんなに不安なんだ」

「先生と生徒という立場があることで 遠慮されて、
なかなか本音が言えないんだ」   
       
「そして、様々なことを耐えてくださっているんだ」

と知ることができ、         
そのたびに私たちスタッフ一同は
徹底的に研鑽を重ねました。

         

●お母さまへ

          
不安げにいらしたお母さまが安心され
笑顔になられることが 私たちスタッフの喜びです。 

どんな小さなことでも、お話ください。 

あきらめず、がまんせず。 

私たちは、お母さまのご希望に沿う結果を
お子さまにつけてまいります。





News & Topics


わが子に   
しっかり力をつけたい
お父さま・お母さま



心から信頼できる 
My teacher
お探しの方

その望み
叶えます!

 
こだわりの指導、
繊細な教材セット、
丁寧なカウンセリングで
ご期待以上の結果を
出します。

小さいお子さまも
安心なように

やさしい女性の先生が
多く在籍しています。
どうぞお任せください。



子どもは、
もっと
もっと

伸びます

「勉強くらい親が教えられる」

「毎日30分くらいなら見てあげられる」
 
小さいお子さまをもつ
お父さま・お母さまの多くは
そうお考えになられます。

でも、いざやってみると、
思ったより大変・・・。


「どんな問題集を用意したら
楽しくやらせられるの?」

「ほめれば勉強好きになる?」

「もっとできる子だと思っていたのに・・・」

わが子に毎日の学習習慣をつけてあげること・・・
どうやらそれは 簡単なことではなさそうです。


親だからこそ、
難しいのかもしれません。



一人として
同じ子はいないのに


子どもが100人いたら、
個性も100通りです。


げんきな子、
やさしい子、

明るい子、
もの静かな子、

人見知り、
なきむし、

好奇心旺盛、
面倒くさがり、


お子さまは、
いかがでしょう?


これだけは
忘れないで!


子どもたちは
個性と同様に
学力のつき方も
一人ひとり 
ちがいます。




学習センスのある子、 

理解するのに時間がかかる子、

努力できる子、 

努力が苦手な子、

覚えるのが得意な子、 

覚えるのが苦手な子、

一度覚えたら二度と忘れない子

くりかえしながら
じりじりと力をつけていく子。

先生の話がすぐに理解できる子

先生の話がすぐには理解できない子

言葉で、先生に自分の苦手をちゃんと伝えられる子

先生に、自分の気持ちをうまく伝えられない子・・・




同じ子は 
いないから
学習プログラムも
一人ひとりに
あわせて
ご用意します。




先生は、一人ひとりの
お子さまの学力
(得意・弱点なども)はもちろん、

お子さまの繊細な心の動きや
思考の癖なども
丁寧に観察していきます。


そうやって、
徹底的に
一人ひとりにちょうどの学習を
追及します!※

自分にぴったりだから、
スラスラできるようになります。

どんどん新しい学習に
チャレンジするようになります。

だから、勉強が楽しくなります。

お子さまの未来が、素晴らしいものになります!








※ ちょうどの学習とは
年齢や学年で輪切りにするのではなく、その子その子のその時点の能力にちょうどのことを学習させてあげることをいいます。
例えば、小学4年生でも小2くらいの学習からスタートしたほうがいい子もいれば、小学1年生で小4、小5さらにはもっと難しい学習が「ちょうど」のお子さんもいます


教室見学・体験学習オンライン受付はこちら →


気になる教室の詳細については、
トップからご希望の項目へジャンプしてください。
クリック →